FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮筋腫とかいうもの その②

たくさん旦那さんと話をした。
結果。。。「私の身体を最優先」にすることになった。

セカンドオピニオン的に別の病院へ行ってみることにした。
先生が変われば「手術」以外の選択肢があるかもしれない。

2件目の病院でも言われたのは筋腫の出来てる位置がやはり関係してる可能性があるかな?
だけど、この大きさで(4センチ程度)そこまで悪さするかが疑問。
生理前後に痛みが酷くなるならMPSとかも原因の一つとして考えられる。
一度、生理周期をずらして経血量を減らしてみよう。
それで2か月程度様子を見て腰痛が治まらないようなら筋腫を小さくする方法をとりましょう、と。
もし、筋腫を小さくして痛みが治まるなら原因はやっぱり筋腫だからその時「手術」を視野に入れましょう、と。
それでも痛みが治まらないときは原因が別にあるから、MRIを撮って別の原因を探りましょう、と。

その日(12月初め)から処方されたのが口径低用量ピル「ルナベル」の服用開始。
21日間毎日同じ時間に服用し、休薬期間に診察。
比較的副作用の出にくいお薬らしいけど、私はあまり薬と相性がよくないのか。。。
むくみや胸のむかつきがしょっちゅうで。
酷いときは、手足の感覚がなくなって動けないくなり、仕事を休んだり遅刻したり。
年末年始を挟んだのが幸いだったのか不運だったのか。。。
大晦日もお正月も殆ど寝て過ごした。

年が明けて今年(2017年)1月の診察で腰痛は治まるどころか、市販の痛み止めも効かないくらいに痛いこと、仕事が座り仕事(事務職)で、座ってるのも辛い、寝てても痛みで目が覚める、寝返りが痛くて出来ない、薬も相性がよくないみたいで動けなくなることもあった、等々。
ちょうど生理が始まってすぐだったので、次の服用は中止して筋腫を小さくする方法に変えましょう、と言われホルモン剤を注射することになった。
同時にお願いして少しきつめの痛み止めも処方してもらうことにした。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。